当事務所は年末年始もご依頼を受付けております。

ドローン申請代行の流れについて

ドローン包括申請代行の流れについて

1.初回のご相談(相談無料)

紹介のご相談は無料で対応いたします。
事務所公式LINEお電話お問合せフォームからご連絡ください。
またご希望の方にはZoom・Chatworkでの相談も承っております。

電話受付:9:00~21:00 年中無休

LINEなら休日・夜間も相談できます

メールでのご相談は夜間・休日も可能です

相談後、お手続き状況やご予算に合わせてお見積りいたします。
お見積り後に、代行の依頼についてご検討ください。

2.申請代行業務の開始

正式なご依頼後、業務に着手します。

最初に申請に必要な事項や現在のお手続き状況についてヒアリングします。
ヒアリング時に業務目的やその他ご希望をお伺いします。
疑問点や事業計画などがございましたら、お申し付けください。

ヒアリング後に申請書の作成を行います。

3.DIPSでのオンライン申請

申請が完了しましたら、お客様へ許可取得日の目安をお知らせいたします。

DIPSでの申請時は、国からの通知を当事務所で受け取るため、DIPSの登録メールドレスを当事務所のものに変更する場合がございます、あらかじめご了承ください。

包括申請の代行業務では、申請完了の報告時に、請求書をお送りします。到着から1週間を目途に指定金融機関口座宛てにお振込みください。
※振込手数料はお客様のご負担となります、ご了承ください。

ただし個別申請の場合は、着手時に請求処理を行う場合がございます。

4.飛行許可の取得・業務完了

申請から12日から14日を目安に許可が下ります。
ただし申請先の航空局等の状況によって、許可までの時期は大きく前後する場合がございます。
早いときは申請から6日で許可が取得できる場合もあります。

許可書と飛行マニュアルを納品して、申請代行業務は完了となります。

よくあるご質問【ドローン申請代行】

夜間や休日でも相談できますか?

当事務所は土日祝日も営業しております。
また当事務所公式LINEまたはお問い合わせフォームから、夜間でもご相談・ご依頼を受付しています。

ただし、申請先の航空局の窓口やヘルプデスクの営業は平日のみです。
申請書の審査開始時期、国への問い合わせ事項がある場合は、休み明けの対応となりますのでご了承ください。

業務の代金はいつ支払えばいいですか?

申請完了後に請求書をお送りいたします。

支払い方法は当方指定口座へのお振込となっております。
請求書の受取りから1週間以内に、ご入金ください。
※振込手数料はお客様のご負担となります、ご了承ください。

遠方ですが、対応可能ですか?

当事務所は全国のお客様に対応しております。

ドローンの手続きに必要なやり取りは、すべて電話・メール・LINEで完結します。
お手続きは国交省のシステムでオンライン申請するため、距離を理由に遅くなることはありません。

ドローンの申請は取り扱っている行政書士が全国でも少ないです。
経験の少ない行政書士に依頼した場合、適切な許可を取得できないリスクがあります。
当事務所は全国のお客様から年間300件以上のご相談を頂戴しており、実績も豊富です。